年を重ねても元気な頭皮を目指す > 抜け毛が多くなってしまう理由

抜け毛が多くなってしまう理由

年齢を重ねる度に抜け毛が多くなってしまった、
もしくはまだ著しい抜け毛が起こる年齢でもないのに髪の量が減ってきた
と感じる方も少なくありません。
自分なりに考えてみても、抜け毛がなぜ起こってしまうのか分からず
遺伝的なもののせいにしてしまいがちですが、
実は抜け毛が多くなってしまう理由は遺伝以外にも存在します。

その理由であるのが、頭髪の成長因子の不足であると言えるでしょう。
この因子が身体や頭皮の中で不足してしまうと、頭髪が正常に作られなくなり、
結果として多くの抜け毛へと繋がってしまうのです。

それでは正常に頭髪を育成させてくれる、成長因子とはどのようなものなのでしょうか。
これを簡単に説明するとすれば、
細胞の分裂と成長が活性化するように命令を出す成分であると考えて良いでしょう。
ですから、その成分が頭髪の作られている毛穴に存在していれば、
頭髪の成長は活性化されることが理解できます。

その反面、成長因子が頭髪の作られている場所に不足していれば、
なかなか髪の毛が作られずに育毛の周期のバランスが崩れてしまいますので、
結果として薄毛などの頭髪の状態につながってしまうのです。

以上の点から、抜け毛が多くなってきたと感じるのであれば
自分の頭皮には成長因子が少なくなってきていると推測できるでしょう。
そして現時点で抜け毛を最大限に食い止め、そして育毛への対処を行うのであれば、
いち早く自分の頭皮に成長因子が存在する環境を作るべきなのです。