年を重ねても元気な頭皮を目指す > カプサイシンとイソフラボンの効能

カプサイシンとイソフラボンの効能

頭髪の成長因子としてはいくつかの成分の存在が認められていますが、
その中でも最も有名であるのがIGF-1という名称の成長因子です。
この因子は、健康な頭髪の毛根や頭髪に比べて薄毛や脱毛の症状が出にくいとされている
ヒゲなどの体毛に多く存在しているものです。

成人されているほとんどの男性の方が毎日経験するヒゲの処理ですが、
毎日処理しなければならないほどにヒゲが伸びてくる理由も、
このIGF-1が関与していると考えられます。
このことから、その因子を頭皮に存在させることによって、
しっかりとした強豪な頭髪の再生が可能であると推測できるでしょう。
ですから、健康な頭髪の育毛を行う上ではIGF-1は欠かすことができない成分なのです。

それでは、どのようにすればIGF-1を頭皮に存在させることができるのでしょうか。
その方法としてはイソフラボンとカプサイシンの併用が効果的だという理論があります。
イソフラボンには抜け毛を減らし、育毛を促進する働きがあり、
カプサイシンの辛みが頭皮を含めた体全体に刺激を与えて
IGF-1の体内発生をもたらす働きがあるため、
この二つの成分が身体に取り入れられれば
比較的多くの成長因子を作りだすことが可能なのです。

成長因子を頭皮へと供給する方法としては、それを配合した育毛剤の使用も効果的ですので、
育毛剤とイソフラボン、カプサイシンの併用をすればより一層効果的な育毛を実現させ、
実感することができるでしょう。